Wilson KAOS 3.0 は初速が速いは本当か?【テニスシューズ レビュー・評価・感想】

テニス

こんにちはにとろ(@TNT0583)です。

Wilson(ウイルソン)の新作テニスシューズ「KAOS 3.0」をウイルソンからいただきましたので、早速着用してプレイしてきました。

今回は「KAOS 3.0」の使用感・感想をお伝えいたします。

Wilsonシューズモニター当選してKAOS3.0をいただきました。

昨日早速プレイしたのですが、前後方向の走り出しが軽くて一歩が速い気がします。

新品に共通しますがグリップ力があるのでオムニでスライディングするタイプの人は慣らす必要あり。

WILSON KAOS 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326600U
created by Rinker

Wilsonの「KAOS 3.0」は2020年2月に発売されたテニスシューズです。

Wilsonといえば「RUSH PRO 3.0」が有名で、こちらは安定感を重視する方におすすめです。

Wilson RUSH PRO 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326930U
created by Rinker

スポンサーリンク

Wilson KAOS 3.0 は初速が速いは本当か?【テニスシューズ レビュー・評価・感想】

スペック|少し軽めの300g前半

WILSON KAOS 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326600U
created by Rinker

基本スペック

商品名KAOS 3.0(ケイオス3.0)
品番WRS326600 / WRS325920
対象MEN
カラーレッドxレッドxブラック(OC) /
ピーコートxホワイトxスキューバブルー (AC)
サーフェスオムニコート / オールコート
サイズラインナップ25.0~29.0(0.5cm刻み)
E
ヒールドロップ9mm
重さ平均315g/27cm
アッパーシンセティックレザー+エンジニアードメッシュ / Sensifeel / Skinguard / Sensifit / Endofit
ミッドソールDYNAMIC FIT 2 & R-DST+ / PRO TORQUE CHASIS LIGHT
アウトソールDURALAST
ソックライナーMOLDED EVA SOCKLINER
製造国ベトナム

蹴り出しの速さ|地面をしっかり蹴れるため初速が速い

WILSON KAOS 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326600U
created by Rinker

今回着用したのはオムニ・クレー用モデル。

早速、普段プレイしているオムニ・クレーに行ってきました。

写真の通り、オムニ・クレー用特有のイボイボのアウトソール(靴底)が全体ではなく、半分ほどしかなく、残りがオールコート用のような靴底です。

ウイルソンシューズでのプレイが初でしたので、これでストップ&ダッシュができるのか、少々不安なところもありましたが、杞憂でしたね。

しっかりと砂と人工芝のコートを噛んでくれるので、オムニ・クレーの滑りやすい環境下でも蹴り出しが楽でした。

オムニ・クレーコートとしてプレイすると、スライディングショットを前提とした足さばきになるのですが、このシューズはそんなことはなく、カーペットコートやハードコートでプレイしているときの足さばきのように動けました。

顕著に感じたのは前への走り出し。

相手のボールが短いとき、従来であればギリギリで取れるくらいのボールが気持ち余裕を持って拾う事ができました。

一歩目からスピードに乗れているからだと感じました。

安定感|簡素なサポートだが不安には感じない

WILSON KAOS 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326600U
created by Rinker

前後方向は文句なしの満足度でしたが、安定感という面ではやはり機動力を重視している分、「RUSH PRO 3.0」に軍配が上がりますね。

他社で言えばAdidasの「ソールコート ブースト [SOLECOURT BOOST SHOES]」といった安定感を重視したシューズに比べると頼りないと感じるところです。

とはいえ、「不安定」というわけではなく、あくまでサポートが簡素だというだけ。

余計なサポートを取り払った分の機動力ですから、しっかり安定感が欲しいという方にはおすすめできませんが、前後左右に素早く動きたいという方にはおすすめです。

テニスシューズのトレンドというか好む人が多いのは安定型のモデルだとは思いますが、コートを縦横無尽に走るプレイヤーは機動力へのサポートとして、このシューズの選択は悪くないです。

私自身、学生時代からAdidasの「barricade」を履いており、テニスシューズといえば、ゴツゴツ幅広のイメージでした。

「barricade」シリーズはすでに廃盤となっており、Adidasのシューズは「SOLE COURT」シリーズとなっています。

現代のテニスでは、安定感よりも機動力を重視するプレイヤーも一定数いるため、このようなシューズが発売されたのでしょう。

食わず嫌いをせずに一度使用してみると良いです。

耐久性|軽量化されていても耐久性は維持

WILSON KAOS 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326600U
created by Rinker

いわゆる軽量化されたシューズというのは総じて耐久性を犠牲にしている側面があります。

しかし、このシューズを履いてみて、耐久性に難を感じていません。

メッシュ加工が施されていると、そこから亀裂が入ってボロボロになってしまうことが多いのですが、このシューズはメッシュ加工にプラスしてTPU素材で薄く覆うことで耐久性の課題をクリアしています。

私の場合はドロップショットを拾うときにスライディングするため、足の側面と地面が摩擦が発生するのですが、その部分にもその加工がしっかり施されているので問題ありませんでした。

また、堅いアッパーを使用しているからといって耐久性が良いわけではなく、硬い場合は割れが先にきてしまうのですが、そういう見方で行けば、柔らかすぎず硬すぎずといった具合で良い感じです。

これは後述するフィット感にも寄与しています。

フィット感|しなやかで嫌な履き心地を感じない

WILSON KAOS 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326600U
created by Rinker

耐久性が控えめで過度ではない分、フィット感が優れていると感じました。

足幅はEということでタイトめな作りなのですが、そもそも日本人の8割がE~EEに当てはまるので問題はほとんどないというのがメーカーの見解。

自分も足幅が細い方ではないものの、全く問題なく着用できました。

確かに土踏まずのあたりがジャストで、緩めが好きな人には窮屈に感じるかもしれません。

しかし、土踏まずから先はそれほどタイトではなく、指先があたって痛くならない程度には余裕があります。

このフィット感が絶妙です。

また、アッパーが硬すぎないのでさらにフィット感を強調させます。

アッパーが硬いと指の付け根部分のシワが食い込んで痛くなることも何度か経験しましたが、このシューズは全くありません。

いわゆる「安定型」のテニスシューズは、頑丈に作ってある分、シューズを履いている感覚が特に強く感じられるのですが、KAOS 3.0はランニングシューズを履いているかのような軽さ。

そのおかげか、一歩目の蹴り出しが軽く、スムーズに前へすすめるように感じる。

スポンサーリンク

その他の口コミ

YOUTUBEでのレビュー動画

【Wilson Tennis】#ウイルソンシューズは楽じゃない オンコートインプレ!!

Twitterの口コミ

スポンサーリンク

Wilson KAOS 3.0 評価|前後方向の初速とフィット感が絶妙

WILSON KAOS 3.0 OC(MEN’S) オムニ・クレー用 WRS326600U
created by Rinker

Wilson KAOS 3.0 AC (MEN’S) オールコート用 WRS325920U
created by Rinker

蹴り出しの速さ 4.5
安定感 3.5
耐久性 4.0
フィット感 4.5
総合 4.0

あと一歩のボールを取れるようになりたい方や軽やかなステップでショットを打ちたい方におすすめ

しっかり軸足に力をためてハードヒットする方は安定型のシューズRUSH PRO3.0のほうがおすすめ

スポンサーリンク

シューズの選び方

テニスシューズの選び方と他のメーカーのシューズも何点か紹介しています。

自分のプレイスタイルに合わせてシューズを選んでいきましょう。

人気記事:【テニス】錦織圭や大坂なおみの試合中継を見る方法【無料観戦あり】
人気記事:初心者から上級者までおすすめのテニスガット10選【歴10年超の経験で語る】
人気記事:【入門】2020年 初心者におすすめのテニスラケット5選【歴10年超がすすめる】
人気記事:フェデラー使用のラケット プロスタッフは使いやすいか?【感想・レビュー】

タイトルとURLをコピーしました