【実体験】外資系に転職希望ならビズリーチ一択!理由と根拠を徹底解説!

転職

普段から会社に対する不満を抱いている場合、常にあたまにちらつくのが「転職」だ。

給料面や人間関係、業務内容に納得がいかないとモチベーションは下がる一方だろう。

しかし、転職をしたいと漠然と考えたところで、時間も手間もかかることからなかなか行動に移せずにいる人も多いはず。

とくにキャリアアップや給料アップを考えているなら、より高みを目指す必要があり、より転職へのハードルはあがってしまうだろう。

そこでおすすめするのが「ビズリーチ」だ。

ビズリーチ公式サイトを見る

ビズリーチは、公式サイトでも「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」を謳っており、文字通りハイクラスの求人を大量に扱っているため、キャリアアップも給料アップも十分に狙える。

実を言うと、筆者は以前ビズリーチを利用していた時期があり、某外資系企業から内定をもらった経験もある。

あなたに伝えられることは多いだろう。

スポンサーリンク

ビズリーチの3つの特徴

転職サイトを探すと、かならずどこかしらで目にする機会が多い「ビズリーチ」。

マイナビやリクナビ、dodaなどの強豪がひしめくなかで、ユーザー評価が高い転職サイトとして人気を誇っている。

まずは、ビズリーチの基本情報に目を通してほしい。

・運営会社:株式会社ビズリーチ

・資本金:41億円

・登録企業:約11,200社

・登録会員数:57万人以上

・公開求人数:約111,000件

・ヘッドハンター数:3,500人以上

これだけの実績があるなら、登録するだけでもしておいた方が、チャンスは広がるはずだ。

しかし、数字だけ見てもいまいちピンとこない部分もあるかもしれない。

そこで、ビズリーチがいかに優れた転職サイトなのか、3つの特徴を参考に考えてみよう。

①年収1,000万超え求人が1/3以上

あなたが考えているのは、キャリアアップ・給料アップだ。

つまり、現在の年収よりも増えることは大前提であり、外せない希望のひとつだろう。

それを叶えるには、ハイクラスへの転職が望ましい。

ビズリーチでは、約111万件の求人のうち、約1/3が年収1,000万円を超える案件を取り扱っている。

そのうちのほとんどが、大手企業や外資系企業であることから、うまくいけば、確実に現状よりも高年収になれるだろう。

②企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

転職で一番面倒なのは、自分から動かないとならないことだ。

企業リサーチや、面接の確約など、本業との並行作業は時間が取れずにきついと感じている人も少なくないだろう。

そういった悩みもビズリーチならあっさり解決できる。

というのも、登録企業やヘッドハンターがあなたという人材を見極めて向こう側からスカウトしてくるため、あなたは待っているだけで良いのだ。

もちろん、あなたからアプローチすることもできるので、そこは安心してもらいたい。

③ユーザーにも無料・有料会員制度がある

ビズリーチの最大の特徴は、利用する側のユーザーにも無料・有料会員制度があることだ。

転職サイトの多くは、基本的に無料ですべての機能を使うことができるものだが、ビズリーチではあえて無料と有料でできることを分けている。

ここで気になるのは無料会員と有料会員の違いだと思う。

簡単に説明すると、無料はスカウトを待つのみ、有料は自分から企業やヘッドハンターにアプローチができる、くらいに考えておけば良いだろう。

まずは無料登録でお試し、良ければ有料へステップアップするのが望ましい。

スポンサーリンク

ビズリーチをおすすめする理由と根拠

実際に内定をもらった経験から、ビズリーチははっきり言っておすすめだ。

その理由と根拠についてお伝えしていこう。

プラチナスカウトメールで面接確約

ビズリーチ固有の「プラチナスカウトメール」は、届いた時点で面接が確約されたスカウトだ。

もちろん通常のスカウトメールもあるが、そちらはあくまでもスカウト(声がけ)だけで、面接や面談はこちらのアクション次第になってしまう。

プラチナスカウトメールの最大の魅力は、なんといっても面接が確約されていることにあり、ただでさえハイクラスの案件が多く、面接を勝ち取るだけでもむずかしいことを考えたら、恐ろしく優遇されていることがわかるだろう。

つまり、届いた時点で一流企業から一定以上の評価を受けていることになり、ほかへの転職にも希望がもてることにつながるのだ。

ヘッドハンターを自分で選べる

プラチナスカウトメールを待つのも良いが、有料会員登録して、自分から動くことも重要だ。

なぜなら、スカウトメールを待っているだけでは効率が悪く、すばやく転職したい場合には不利にしかならないからだ。

自ら行動することで、あなたにぴったりのヘッドハンターを見つけることにもつながり、より良い条件の案件を提示してもらえる可能性も高まる。

待っていても入ってこない、好条件情報を取りに行くと考えると良いだろう。

非公開求人が好条件の場合が多い

自分で行動することは、さらに良い方向に動くことにもなり得る。

たとえば、転職サイトには大抵「非公開求人」が存在する。

誰彼構わず公開してしまうにはあまりにもおいしい好条件であることが多いため、あえて非公開にしていることが多いが、ビズリーチはその度合が他の転職サイトとは段違いだ。

なにせ年収1,000万円クラスの求人案件が多い。

それを考えたら、どれくらい好条件なのか、想像は容易だろう。

ビズリーチに登録するための注意点

年収アップがほぼ確実になるビズリーチだが、登録にはいくつかの審査が必要となる。

ハイクラスの案件を多く取り扱っていることから、事前にある程度のふるいをかけられるのは仕方がないのかもしれない。

以下に条件を箇条書きしておくので、あなたがクリアできているか確認しておくと良いだろう。

・マネジメント経験

・管理職の経験がある

・現在の年収が600万以上

・経験、スキル、資格を持っている

・特殊な職務経歴がある

・勤務期間がある程度ある

上記の条件全てをクリアしていないと登録ができない、というわけではないが、審査基準がきびしいことで有名なビズリーチの審査を通過するなら、できるだけ条件は満たしておいて損はない。

合格率を高めるためには、現時点である程度の実績を積んでおく必要があるだろう。

スポンサーリンク

まとめ

キャリアアップ、給料アップの転職についてビズリーチを紹介したが、条件に合うならはっきり言って選択肢はビズリーチ一択と言っても過言ではない。

確実に現在よりも年収はあがるだろう。

ただ、登録条件がきびしいので、ハイクラスへ転職できるだけのスペックを保持した人限定になってしまうのはマイナスだ。

もし、あなたがすでに年収600万円クラスで働いており、さらに高みを目指すのであれば、ぜひビズリーチを検討してみると良いだろう。

タイトルとURLをコピーしました