転職先の待遇やワークライフバランスの情報収集には口コミサイトを使おう

転職

転職活動で転職エージェントや転職サイトの求人情報を読みますよね。

そこにはおおよその想定年収とか休日日数とか勤務体系とか基本的な内容が記載されています。

その企業がどういった人材を求めているのかや、入社後にしてほしい仕事内容。

大体の内容を把握する程度ならば問題ないのですが、これから自分の人生を左右する可能性があるのに、一つの情報だけでは心細いですよね。

情報は大いに越したことないです。それがガセネタであっても。

今回は転職活動中の情報収集についてお話します。

スポンサーリンク

転職会議に登録して口コミを調べる

転職会議という口コミサイト、知っていますか?

転職会議は転職希望者向けの会社口コミサイトです。

その企業に所属していた、もしくは所属している人の目線からその企業の評判をざっくばらんに記載しているWebサイトです。

登録無料。会社の口コミを投稿して転職先の情報を収集しよう

登録無料で、自身が勤めていたor勤めている会社の口コミを記入することで他の企業の口コミを読むことができます。

転職会議に無料登録する

登録したときに自分が勤めている企業の口コミを丁寧に書くようにしましょう。

匿名性のある口コミサイトとはいえ、個人が特定される内容の口コミは記載する必要はありません。

自分が可能な範囲で記入しましょう。ただし、ある程度丁寧に書くことを求められるので、字数が少なすぎると受付されませんので注意してください。

転職会議ではポジションごとに給与がいくら貰えるか、賞与はどのくらいかといった情報が口コミとして投稿されていますので、自分が転職しようとしている企業の求人票や転職エージェント、面接の段階で情報が正しいかどうかを精査するようにしましょう。

口コミは丁寧に書こう。ただし機密情報までは投稿しないようにしよう。

自分が勤めている会社の口コミもチェックしてみる

気になるのが口コミの信憑性です。

これは情報収集していくとおおよそ正しいかどうかは推測できるようになってきます。給料の数字がずばりで記載されていたり、その内訳まで書かれているようなら、信用してもいいかもしれません。

まずは自身が勤めている会社の口コミをチェックしてみてください。

自身が勤めている会社の評判をみることで自分が思っている・把握している内容と合致しているかを確認してみてください。

口コミの内容がだいたい合っているかが確認できますよね。

社員のポジションや職種も確認して整合性を精査しよう。

注意すべきは派遣社員や契約社員でも口コミを投稿することができるので、そのポジションによって待遇が異なることによる評価のバラツキです。

口コミを投稿しているのが必ずしもそこに所属している(していた)社員とも限りません。あくまで自己申告での口コミ投稿ですので友人の話を聞いて口コミを書くことも可能です(やらないでくださいね)。

何人かの口コミを見て正しいと思われる情報を取捨選択しましょう。

ここで注意しておきたいのは退職理由やワークライフバランス。

給与が最も気になるポイントだとは思いますが、
口コミが投稿されている=転職を考える人がいる会社と捉えてみると、退職理由は要チェックです。
スポンサーリンク

満点の会社は無いからどこを重視するかを吟味しよう

世界にはたくさんの会社があります。自分の能力では勤める事ができない会社もありますし、またその反対もあります。

高い能力が求められる会社=良い会社でもないですし、誰でも簡単にできる仕事=最高の仕事でもないわけです。

重要なのはバランス。自分が勤めていて、不満は絶対に出てきます。その不満度と満足度を天秤にかけて少しだけ満足度が高い会社ならば残る価値はあると思います。

満足度がどうしても低くて仕事を改めたいのなら、転職する価値はあるでしょう。

両親や周りの人間に相談することもあるとは思います。

でも、最終的に決めるのは自分。お金なのか、時間なのか、やりがいなのか。

どれがどのくらいのバランスであれば良い転職先なのかを自分なりに定めておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました