【本革】フォクスセンスというブランドの革靴をAmazonで購入した【レビュー・感想・評価】

ファッション

社会人になってスーツで毎日通勤。

今まではリーガルスコッチグレインといった靴を購入していたのですが、今回は雨の日でも気にせずに履けるように少し安めの靴を探して購入しました。

本記事では今回購入した革靴を紹介します。

この記事を読めばフォクスセンスというブランドの革靴の良さがわかります。

スポンサーリンク

フォクスセンスというブランドの革靴を購入した。【レビュー】

雨の日とか汚れてもいい日に手軽なものをということで探して見つかったのがフォクスセンスのストレートチップ。

革靴は良いものを購入したいのですが、やはりお金の都合、良いものばかり買えません。

良いものと通勤で使う履きつぶし用とで揃えたいところですね。

というわけで今回はその履きつぶし用にフォクスセンスの靴を選びました。

履きつぶし用とは言いながらも、作りが良ければヘビーローテーションしたいと考えました。

Amazonで高割引率で販売されていますが、表記されている定価はあってないようなものでしょう。

この手の商品の定価はあてにならないので鵜呑みにしないことが大切。

割引後の価格を定価と判断しますね。

フォクスセンスとは

フォクスセンスは中国のシューズメーカーです。

Amazonや楽天をはじめとした通販サイトで広く販売されている革靴のブランド。

そのラインナップは幅広く、ビジネスシューズ、ローファー、ブーツなど多岐にわたります。

中国製ではありますが、牛革はイタリアンレザーを使用。

デザインもおしゃれなものが多く、詳細を調べてみるとデザイナーは日本人とのこと。

日本人受けしやすいデザインが豊富です。

Amazonのレビューでは高評価が並び、質が高い革靴を作っていることで評判が高いシューズメーカーです。

素材・スペック:イタリア製天然牛革を使用

靴幅: EEE
メイン素材: イタリア製天然牛革
表地: イタリア製天然牛革
ヒールのタイプ: スクエアヒール

詳しい知識もないためイタリア産の牛革というのが良いものなのかどうかは全くわからないです。

ただ、ヨーロッパの響きが良いからそううたっているのだろうと思います!

口コミや商品説明にはサイズ感が大きいことが言及されていました。

0.5cm小さいものを注文することが推奨されていたのでそれにならうことにしました。

サイズ感についてはレビューでも同様の評価で、普段より小さめを注文すると良いとのことだったので24.5cmを購入。

ちなみに普段のスニーカーは25か25.5を履きます。

外観は良いが見本写真より明るめの色

:20190822225612j:image

今回はダークブラウンを選択。

実は黒以外の革靴を買うのは初めて。

ブラウンの靴がカッコよく見えたので購入しました。

既に2ヶ月程履いているので傷がついてしまっているが、色合いは少し明るめだったものの許容範囲です。

ガラスレザーではないので自然な艶感です。

細部をよく見ると作りが甘いところが見受けられるものの、許容範囲内。

遠目で見れば全く問題ないでしょう。値段相応とも言えますね。

しかしイタリアンレザーとは言いながらもレザーの部位や品質については言及されていなかったこともあり、予想以上に革が柔らかくてびっくりしました。

2ヶ月履いたあとのレビューですが、履いた直後から新品の硬さはまったくなく、スニーカー感覚で履けますね。

通常の革靴だと慣れるまでに時間を要するものですが、もともと柔らかいので、すぐに馴染みます。

これはメリットなんですが、やはり傷がつきやすくなってしまうというデメリットも持っていますね。

履き心地はまるでスニーカーと思わせるほど柔らかい

革靴とは思えない履き心地。

インソールがかなりクッション性が高く、柔らかなスニーカーを履いている感覚。

筆者はかかとからくるぶしまでの高さが低いため新しい革靴は大抵くるぶしに靴擦れを起こしますが、今回は靴擦れしなかったです。

サイズ感は思っていたよりも大きくてかなり余裕があり、歩行時にかかとが浮いてしまう程でした。

返品してサイズ変更も可能ということだったが、市販のインソールを入れることで対応しました。

サイズは0.5cmどころじゃないですね。1.0cmぐらい小さめでも良いと思います。

というのも普段革靴はEEのものを履きますが今回はEEEだったのでその分大きいんですね。

また、靴のサイズに合わせてインソールを購入したら長さが足りなかったこともあってインソールを2回購入してしまいました。

インソールを入れるときには大きめのサイズを購入することをおすすめします。

推奨はされないでしょうが、最悪カットしてサイズを合わせればOKです。

靴擦れを起こす時はかかとのみ底上げするインソールを着けると改善されます。

もし、革が柔らかくなるまで絆創膏に頼っている人がいれば、インソールに頼ることをおすすめします。

以前KENFORDの靴を購入したときはくるぶしに革があたって靴ずれを起こしました。

created by Rinker
KENFORD(ケンフォード )
¥12,900 (2020/01/22 15:48:41時点 Amazon調べ-詳細)

そのときに利用したのがかかと部分のみを底上げするインソールですね。

created by Rinker
【pedag ペダック】
¥1,162 (2020/01/22 15:48:42時点 Amazon調べ-詳細)

ペダックのインソールは高級感もあるのでオススメです。

靴を脱いだときに安っぽいインソールだとダサいのですが、ペダックのインソールは金色のロゴがチラ見せ出来てかっこいいです。材質も革なので革靴と相性抜群です。

スポンサーリンク

評価:コスパは良いです

フォクスセンス ストレートチップ

  • コスト ★★★★☆
    (価格は安く手頃。合成皮革も含めると最安価格帯はもっと下)
  • 履き心地★★★★☆
    (良好。サイズ感が課題)
  • 品質★★★☆☆
    (縫製等一部気になるが及第点)
  • デザイン★★★★☆
    (デザイン、色合い良好で種類も豊富)
  • 総合★★★★☆
    (コスパは良い。革が柔らかいので耐久性が課題。)

率直に言って、かなりコスパは良い。

ただ、革は柔らかめで傷が付きやすい印象なので、耐久性はやや低めだと思われます。

綺麗に履き続けるには手入れは必須ですね。

そのまま履いていると結構傷だらけになります。

それもまあ味なのですが、営業職などの靴を人に見られる事がある職種の方はこまめに靴を磨いていく必要がありますね。

手入れについてはどの靴を履いても同様の話ではあります。

極力手入れしたくない人はガラスレザーの靴か合成皮革の靴を履き潰していくのが良さそう。

高い靴は結婚式やパーティー、昇格試験などの勝負どころで履くようにして、普段は安い靴を履くという使い方はかなりおすすめします。

もしくは高い靴ばかりは揃えられないという新社会人は普段のローテーションに安い靴を組み込むのもおすすめ。

ローテーションに組み込むことで高い靴を休ませることができるため、長く履き続けることができます。

ケンフォードあたりの靴ももう少し出せば購入できるので、手堅くケンフォードを購入するのもあり。

created by Rinker
KENFORD(ケンフォード )
¥12,900 (2020/01/22 15:48:41時点 Amazon調べ-詳細)

ただデザインによってはケンフォードでもすこし高くなってしまうので、今回の選択は良かったと思います。

通販という形式であるためサイズ感という部分は最後まで課題として残ります。

私のようにサイズが合わなくても返品するのが手間だからと言ってそのまま履く人は少なくないはず。

今回は価格帯としても革靴としては決して高いものではないためすこしサイズ感が合わなくてもインソールで対応しました。

返品・サイズ交換あり、とはいいつつもなかなか手間ですからね。

次回以降の購入時はサイズ感に気をつけて購入するよう心がけることにします。

タイトルとURLをコピーしました