家計簿が面倒くさいひとのためのお金の管理の仕方

お金

自分が月にどのくらいのお金を使っているか把握していますか?

細かく把握していない場合でも、手取りに対して出費がいくらなのかは最低限把握しておくべきです。

大学時代は少々のバイト代と仕送りで生活していました。この時はお金を使い過ぎて仕送りをねだることもありました。

しかし社会人になったらそんな風にして生きていけませんよね。

今回は社会人としてお金を管理するのが面倒くさい、または、時間がない方のためのお金の管理の仕方をお伝えします。

スポンサーリンク

お金の支払い方

ポイントカードは使わない

意外と思われるかもしれませんが、ポイントカードは極力使わないようにしています。

というのも、店によってポイントカードの種類が異なり、その店に合わせてポイントカードを財布から取り出すのが面倒だからです。

例えば、ファミマに行った場合はTポイントカードを提示すればポイントをもらうことができますが、ローソンだとPontaカードですよね?

このように、ポイントカードはコンビニによっても異なりますし、コンビニ以外も考えると、財布に入れてその都度出せるような状態にしておくのはかなり負担なのです。

大体のポイントカードは100円で1ポイントとかで手間の割に還元率が低いですし、溜まったポイントを使うのは一瞬なので、使うタイミングを判断するのも微妙ですよね。

なんとなくまだ貯めておこう、とか思っている間にカードを紛失したりとか引っ越しや転勤でその店に足を運ばなくなったりとかしたら今まで10秒~15秒使って財布から出し入れしてた時間が無駄担ってしまいます。

毎日出勤日にコンビニに寄って700円分ランチを購入する場合、そのときにポイントカードを使用して貯まる金額は1年間で1400ポイント程度です。

計算式
 700円/日×200日/年×0.01pt/円=1400pt/年

 

電子マネーかクレジットカードで支払う

現金でお金を支払うことをできるだけやめましょう。

電子マネーのいいところは履歴がデータで残ることです。

クレジットカードは使いすぎて怖いという方もいるかもしれません。

ですが、考えてみてください。クレジットカードを持っているからコンビニでいつもより多く買っちゃおう!なんて思ったりしないですよね?

基本的にクレジットカードを持ったからといって、いきなり金遣いが荒くなる人は稀です。

もしどうしても心配であればデビットカードを使うという手もあります。

その他電子マネーの場合はもっと便利になると思います。というのも、クレジットカードだと店員さんとの受け渡しのやり取りが発生しますが、電子マネーだとそれすらも発生しないからです。

ただし、欠点として、クレジットカードよりも活用できる店舗がすくないことが挙げられるでしょう。

私の場合はiPhoneXRユーザーですのでREXカードを登録してQUICPAYで支払いをすることが多いです。コンビニでは店員さんがバーコードを読み取っている間に「QUICPAYでお願いします」と一言言っておけば、すぐに支払いを完了させることができます。
クレジットカードのポイントもしっかり加算されています。

スポンサーリンク

お金の管理の仕方

家計簿の代わりにMoney Forwardを使う

家計簿の管理は続きません。時間のある学生時代ならまだしも、仕事終わってから家計簿をつけている時間なんてありませんよね。

とっととご飯食べて寝たいわけです。自分の時間を有効に使いたいわけです。

かといって、お金に興味がないわけではないはずです。

とりあえずMoneyForwardに登録しましょう。有料プランもありますが、無料で問題ありません。

自身が使っている預金口座・クレジットカード・携帯電話料金など諸々の料金を紐付けしておくことで、月々の収入と支出を見える化できます

気になったときにログインして現在の残高を確認できるので、通帳記入をしばらくしていません。

現金引き出しのためにネットバンク口座を持つ

基本的にクレジットカードで支払うわけですが、現金を全く使わないわけではありません。

会社の飲み会の割り勘とかクレジットカードや電子マネーが使えない店舗、交通系ICカードのチャージ、自販機では現金が必要ですよね。

ですので財布の中には一応最低限の現金を入れています。

大手銀行のキャッシュカードはコンビニ引き出しすると手数料がいくらかかかります。

個人的には手数料でちまちま残高を引かれるのは良い気分ではないので、手数料がかからない方法をとっています。

おすすめはネットバンクの住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行はコンビニATMからの引き出しがランクに応じて回数制限はありますが無料になります。
最低ランクだったとしても月2回はコンビニ引き出し無料なので、1ヶ月分を一度に引き出す使い方がおすすめです。
金利もメガバンクの普通預金よりも高いので公式サイトでご確認ください。
 
スポンサーリンク

まとめ

結構若い世代の方でも未だに財布の小銭をジャラジャラさせてコンビニで支払いしている方、多いですよね。

iPhoneやAppleWatchにも機能としてApple Pay機能が実装されているのでフルで活用しない手はないです。

自分は名古屋在住なので交通系ICカードはmanaca(定期付き)ですが、関東在住者はiPhoneでモバイルSuicaが使えますのでそちらも検討してみてください。

自分も定期付きじゃなければモバイルSuica使うと思います。

1.ポイントカードから卒業する
2.現金払いをやめてクレジットカードか電子マネーを使う
3.マネーフォワードで収入と支出を見える化する
4.住信SBIネット銀行口座開設でコンビニ引き出し無料にする
最後までご覧頂きありがとうございました。
他の記事も読んでいただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました