【ネタバレ注意】鬼滅の刃 179話 兄を想い弟を想い【感想】表紙絵は黒死牟の両腕か?時透無一郎と不死川玄弥はどうなる?

漫画

上弦の壱を撃破直後の話の続きになります。

単行本派の方はネタバレを含みますので予めご了承ください。

ちなみにU-NEXTでは鬼滅の刃単行本版を電子書籍で読むことができます。

U-NEXTで31日間無料で鬼滅の刃を読む

スポンサーリンク

鬼滅の刃 179話 兄を想い弟を想い

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

表紙は黒死牟の両腕でしょうか。強く焦がれ、強く焦がれというアオリ。

黒死牟が弟である縁壱を強く羨んだ心情と、赫刀で灼かれ散っていく様を表現しているのでしょうか?地獄へ堕ちていく様を表しているのでしょうか。

上弦の壱撃破後も勢いやまない不死川実弥

一心不乱に攻撃を続ける不死川実弥(しなずがわさねみ)。

それをもうやめろと止める悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)。

悲鳴嶼が叫んでも止まることのない不死川の胴に手を回し制止する。

戦いは終わったと何度も訴えかけるも反応なし。信じられないことに、不死川実弥は意識を失いながらも上弦の壱撃破のために動き続けていたのです。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

相当体力・精神力を消耗し、命を燃やした戦いでした。上弦の壱を倒したことに気づかないまま気を失ってもまだなお斬りかかる勢い。

さすがは柱。しかし柱をここまで痛めつけた上弦の壱はほんとうに恐ろしい剣士でした。

不死川玄弥は半身失うも意識あり

パタリと止まった不死川実弥。悲鳴嶼行冥は共に戦っていた不死川玄弥と時透無一郎を気にかけます。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

身体が縦半分のみの不死川玄弥。鬼の血を取り込んだため、身体を半分失ってもまだ生きています。

しかし、鬼の血の効力も出血によって薄れてきています。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

兄である実弥を玄弥の近くによこします。玄弥は兄 実弥が生きていることに安心します。

腕が切れても血を飲めば回復していた玄弥。しかし今回は身体が縦半分に斬られており、どうすることもできそうにありません。

血の効力があった間は上弦の壱に対して血鬼術が使えたものですが、もはや何の力も残されていない、といったところ。炭治郎の数少ない同期がここで潰えることになり大変悲しいです。

時透無一郎の最期

「お前たちのお陰だ」と、悲鳴嶼行冥。

すでに反応がない時透無一郎。悲鳴嶼行冥は安心して眠れと一言口にして時透無一郎のまぶたを閉じます。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

時透無一郎の回想に場面転換。時透無一郎の兄は無一郎に対して「こっちに来るな 戻れ!」と突き放し、どうして?と悲しむ無一郎。

お前が死ぬことなんてなかったと続ける兄。こんなんじゃ何の為にお前が生まれたのかわからないじゃないかと泣きながら言いました。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

それに対して、時透無一郎は

「僕が何の為に生まれたかなんてそんなの自分でちゃんとわかってるよ」
「僕は 幸せになる為に生まれてきたんだ」

とこたえ、どんなときも幸せだったと思う瞬間が数え切れないほどあったといいます。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

そして、無駄死になんて言わないでと泣く無一郎。そしてそれをなだめる兄。

「わかってるよ だけど俺は 無一郎に死なないで欲しかったんだ 無一郎だけは」

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

痣の発現があってからの無一郎は無限の可能性を持っていると信じていました。

無一郎のおかげで上弦の壱を撃破することができましたが、魂は有限であることは間違いありません。

個人的にはかなり好きなキャラクターですし、ファンも多いと思います。しかしこれで終わりではなく、意志を炭治郎たちが引き継いでくれると信じています。

不死川玄弥の最期

目が覚めた不死川実弥。目前に起きている事象に信じられず、叫びます。

首をはねた鬼のように身体が崩れていく玄弥をどうすることも出来ず、ただ叫ぶ。

兄ちゃんごめんと玄弥は実弥に謝り、そして感謝します。

「守って…くれて…あり…がとう…」
「兄ちゃん…が…俺を…守ろうと…してくれた…ように… 俺も…兄…ちゃん…を…守り…たかった…」

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

言葉を交わしながらも玄弥の身体の崩れは進行し、無理だとはわかりながらも実弥は玄弥が生き残ることを祈り続けました。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より

しかし、最期に玄弥は感謝のひとことを言って崩れ去りました。

すべてを終わらせるまで立ち止まることは出来ない

泣き叫ぶ不死川に対して、行かねばならないと悲鳴嶼行冥が冷静に諭します。

無残を倒すまでは終わりではないと涙を流しながら重く発したのでした。

出典:吾峠呼世晴 「鬼滅の刃」 第179話より
スポンサーリンク

感想:鬼殺隊と鬼の総力戦に今後の展開が待ちきれない

U-NEXTでは鬼滅の刃単行本版を電子書籍で読むことができます。

U-NEXTで31日間無料で鬼滅の刃を読む

少年漫画における主要キャラクターの離脱

少年漫画だと主要キャラクターが亡くなるというのはあまり多くはありません。無いとは言い切れませんが。

他作品で印象的だったところを挙げるとONE PIECEのエース。HUNTER×HUNTERのカイトやネテロといったところでしょうか。

HUNTER×HUNTERや幽遊白書を代表作としている冨樫義博先生は重要キャラクターをあっけなく離脱させることで有名です。

ONE PIECEの尾田栄一郎先生はエース離脱までは、重要キャラで死人ゼロでしたのでエースの死がかなり衝撃的だったと記憶しています。

どちらの作品も人気作品ですが、突然離脱させるか、ここぞという機会までそのイベントを発生させないかで読者の受け取り方は変わってきます。

鬼滅の刃は前者ですね。主要キャラクターがあっけなく離脱することがありうるのでそのキャラクターのファンは今後のストーリーでそのキャラクターが生きていけるのか、ドキドキしながら読むことになるでしょう。

そして、あっけなく離脱することがありうるため、何が起こるかまったく読者に予想させないことが出来ます。

能力バトルモノの漫画として最終的に主人公側の勢力が優勢になっていくストーリーが見えるので、このジャンルの漫画の楽しみ方は、その過程でどのように勝利をもぎ取るのかというところにありますね。

少年ジャンプの三本柱と言われている友情・努力・勝利。この一つである勝利がそれです。

残りの友情・努力を描写するために主要キャラクターをどう動かしていくかというところがキーになります。

読了後に得も言われぬカタルシスに陥る理由は性善説的表現にある

鬼滅の刃は人間VS鬼という構図ですので、どうしても人間側が不利です。この不利な形勢をいかに勝利に導いていくのかが楽しみですね。

鬼滅の刃に登場するキャラクターはほとんどが善人に思えます。鬼として戦ったキャラクターたちも人間だったとき、真に悪に染まっていたわけではありません。

鬼殺隊によって頸を斬られて、人間の記憶が蘇り、ある意味、懺悔をし心を改めた結果浄化され、消えていくようにおもいます。

映画を見たあとに見なきゃよかったと後悔する作品はいくつかありますが、その理由は鑑賞後にカタルシスを感じれるかどうか。

間違いなく鬼滅の刃という作品はカタルシスに浸れる作品です。

180話以降の展開が楽しみです。

U-NEXTで31日間無料で鬼滅の刃を読む

タイトルとURLをコピーしました