【原作:村山由佳】青春の香りがする「おいしいコーヒーのいれ方」の漫画版が少年ジャンプ+で無料で読める【おすすめ】

漫画

スマホやWebでジャンプの漫画が読める少年ジャンプ+。

週刊少年ジャンプを未だに毎週欠かさず読んでいる私はリアル書籍はかさばるから社会人になってからはアプリで購読しています。

少年ジャンプ+は週刊少年ジャンプはもちろん、過去の連載作品や、WEB(アプリ)限定でしか読むことのできない漫画作品を多数公開しています。

すべての作品を読むことはできていませんが、毎日の通勤時間やちょっとした隙間時間にWEB限定作品に目を通しています。

そんな中で、「この漫画、面白い」と思ったおすすめの作品がありましたので紹介させていただきます。

この記事では、おすすめの漫画を探している方に対して、少年ジャンプ+で無料で読むことができるオススメの漫画を紹介いたします。
スポンサーリンク

「 おいしいコーヒーのいれ方 」 作画:青沼裕貴 構成:雀村アオ 挿絵:結布 原作:村山由佳

今回紹介するのは、「おいしいコーヒーのいれ方」という作品。

原作は直木賞作家・村山由佳先生の小説作品。作画、構成、挿絵と4人体制の豪華作品になっています。

少年ジャンプ+で10月2日より連載が開始し、毎週水曜日に更新されています。

ちなみに私は原作未読ですが、これを機に原作に手を出そうと考えています。(漫画のネタバレを知ることになるので、漫画を読みすすめてからにするかも)

主人公の勝利と従姉弟のかれん、そして喫茶店のマスターとの関係性が気になる恋愛物語。カラーで描かれる漫画によって、小説よりも具体的な心情を感じ取りながら青春の香りを感じ取れる漫画です。

あらすじ

高校3年生になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は。

出典:Wikipedia

父親の転勤をきっかけに従姉弟2人と一緒に住むことになったという導入部分はよくあるパターンです。単純だからこそ参入しやすく物語導入としては大変わかりやすいです。複雑な設定がないので入り込みやすいのがポイントです。

主人公の勝利は従姉弟で美術教師のかれんを異性として意識してしまうのですが、やはり高校生と教師かつ、従姉弟という間柄ですので、心情としては複雑なものです。

男子高校生のなんとも言えない甘酸っぱさを感じながら、今後の勝利とかれん、それを取り巻く関係性の変化が気になってしまう作品です。

見どころ:かれんの思いと喫茶店のマスターが気になる

かれんと勝利の二人には共通の知人である喫茶店 風見鶏のマスターがいます。

このマスターとかれんの関係性に、目を離すことができません。

というのも、勝利とかれんが喫茶店に立ち寄った際、マスターは客からリクエストしないかぎり滅多に使わない特別なカップにコーヒーを入れてかれんに差し出すというシーンがあります。特別なカップに注がれたコーヒーはかれんだけでなく、勝利にも差し出されます。

勝利は、特別なカップが自身に使われることを知っているため、この特別なカップはかれんに向けてのものだと気づくのです。マスターはかれんのことが好きなのかもしれない。と。

また、マスターはかれんに対して「お前 まだ彼氏できんのか」と発言するのですが、かれんの返しが絶妙なのです。

「こんな おいしいコーヒーを毎日いれてくれる人だったら 恋人にしてあげてもいいかな」

出典:青沼裕貴 雀村アオ 村山由佳 おいしいコーヒーのいれ方 第3話

こんなことを間近で言われたら間違いなく惚れてしまいますね。

しかし、マスターに告白したとも取れる爆弾発言に対して、マスターも軽く返します。

「……よさそうな奴がいたらまずここへ連れてこいよ 俺が見て こいつは見込みがありそうだと思ったときは…そうだな…この店のブレンドを特別に伝授してやってもいい」

この場には勝利も同席しており、このやり取りの一部始終を目の当たりにしているのです。

今後もこのマスターとかれん、そして勝利の関係性について、気にならないわけがないですよね。

一筋縄じゃいかない恋愛を描く、「おいしいコーヒーのいれ方」。

ぜひ一度読んでみてください。

スポンサーリンク

まとめ:過ぎた青春を思い出したいあなたへおすすめします

青春時代部活続きで恋愛なんてまともに経験してこなかった自分。そしてなによりモテなかった。

だからこそこういった甘酸っぱい恋愛モノはうらやましくて心に刺さるんですよね。

そしてよりピュアに主人公に感情移入してしまいます。

高校生という過ぎ去った思い出を重ねつつ、自分になかったものを物語で補完して、心に響かせていく。

表現がところどころ古風だったり、ベタだったりするところも味として楽しめる作品だと思います。

・「おいしいコーヒーのいれ方」は少年ジャンプ+で毎週水曜日更新で連載中
・勝利と従姉弟のかれん、喫茶店のマスターの関係性とその進展が気になる漫画
・カラーで丁寧に描かれる漫画で小説よりも具体的にキャラクターの心情が読み取れる
・過ぎた青春を思い出したい人、経験できなかった青春を味わいたい人におすすめ

最期まで読んでいただきありがとうございました。

ほかにも漫画に関する記事を書いておりますのでよろしかったら読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました